ゴマパワーで便秘解消

小さなゴマに含まれる成分には、美肌と便秘解消効果がありました。
ゴマには食物繊維が豊富に含まれている他、セサミンをはじめビタミンEなどの抗酸化成分がたっぷり含まれています。

食物繊維には水に溶けやすい水溶性と、水に溶けにくい不溶性食物繊維があります。
水溶性の食物繊維は大腸に届くと善玉菌のえさとなり腸内環境を整える効果があります。
不溶性食物繊維は胃や小腸では消化・吸収されずに、体内の水分を吸収して便の量を増やし、排便を促す効果があります。

ゴマに含まれているのはゴマリグナンという不溶性食物繊維です。
水分に加え、腸に滞留している有毒物なども吸着し、便のかさを増やし、腸壁を刺激してぜん動運動を促すため、便を早く沢山排出することができます。
さらに、ゴマに含まれているオレイン酸が便の滑りをよくし、より排便がスムーズに行われるよう作用します。

ゴマにはセサミン・フィチン酸などの抗酸化物質や鉄分など、色々な栄養素が豊富に含まれ、万能を防ぐ食べ物と言われています。
ゴマに豊富に含まれているビタミンEは新陳代謝をあげ、全身の血流を増やす働きがあります。
もちろん腸の血流も増えるので、腸の働きが活発になります。
さらに自律神経の働きを調整する作用があり、交感神経と副交感神経のバランスを整えることで便秘解消に効果があります。

ゴマリグナンに含まれているセサミンは非常に高い抗酸化作用を持っています。
老化の原因となる活性酵素を減少させる働きがあります。
活性酵素を積極的に摂ることで、便秘で善玉菌が減少している腸内環境を整えることができます。

ゴマを食べる場合には、ふりかけやサラダに混ぜたりと、工夫次第で色々な料理に使うことができます。
しかしゴマだけで十分な食物繊維を摂取することは難しいため、他の食材とあわせながらバランス良く食べることが大切です。
ゴマを利用する際には、そのまま使用するよりも、すって使うと栄養成分の吸収率があがります。