便秘解消に最も効果的な食材は納豆

戦国時代には既に武士の間で食べられ、江戸時代に庶民の間に広まったと言われる納豆は、日本人の食卓には欠かせない食品です。
暖かなご飯に納豆という組み合わせは、日本人の食事の定番であり、最近では美容と健康を促進する食品の一つとして、性別や年代を問わず食べられています。
納豆を食べることによって、女性ホルモンが高まったり、肌がキレイになったりと、特に女性に嬉しい効果が沢山もたらされることがわかっていますが、納豆は便秘解消にも効果的な食品なのです。

納豆の原料である大豆には非常に豊富に食物繊維が含まれています。
その大豆を発酵し作られた納豆は、食物繊維の量が豊富なだけではなく2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。
水溶性の食物繊維は便を軟らかくし、不溶性の食物繊維は便のかさを増やして早く沢山の便を排出するようと体にサインを送ります。
両方の食物繊維がバランス良く含まれていることで、胃腸の働きを整えながらスムーズに排便することができるのです。

そして納豆が便秘解消に最適である理由は、食物繊維の効果だけではありません。
原料となる大豆には「大豆オリゴ糖」が含まれています。
大豆オリゴ糖は熱や酸に強く、胃や小腸では消化されずに大腸にまで到達します。
オリゴ糖は大腸で腸内環境を正常化する善玉菌のえさとなり、善玉菌を増やしてその働きを高めるために使われます。

加えて「大豆オリゴ糖」は食物繊維と同様に、腸内の不要な物を吸収して体外に排出する作用があります。
腸内に滞留する有害物質や有毒ガスなどを一掃して、慢性的な便秘で傷んだ腸壁や循環機能を回復します。
ひどい便秘の症状がある場合には、便通を促す作用のあるオレイン酸が含まれるオリーブオイルを納豆に加えたり、乳酸菌を豊富に含むキムチなどと合わせて食べるのが効果的です。
慢性的な便秘を解消するためには、排出を促す力だけではなく、腸内環境を整えることが重要なポイントなので、1日1パックの納豆を目安として毎日の食事に取り入れましょう。